正しい髪の洗い方で薄毛対策!朝のシャンプーは薄毛の原因になる?

髪の毛のケアはしっかりできていますか?
シャンプーの仕方や髪に与えるダメージは
なるべく少なくしたいことです。

スポンサードリンク





男性も女性も基本的に同じなので
確認してみてください。

髪の正しい洗い方

1.髪をとく

くしを使ってまずは髪の毛をといて
おきましょう。
絡まりがあると

髪の毛どうしがこすれてダメージの
もとになります。

髪が乾いているときにしないとダメ
ですよ。濡れているときはこすれると
キューティクルがはがれます。

0121-p_04

2.髪をすすぐ

ぬるめのお湯で38℃くらい
3分以上流しましょう。

汚れが落ちてシャンプーがあわ立ち
やすくなります。シャンプーを
必要以上の量使うこともなくなります。

shower

3.シャンプーを泡立てる

シャンプーを手に取り手のひらでなるべく
泡立てます。
直接髪の毛や頭皮につけると
傷みや荒れのもとになります。

 

4.洗う

髪の毛の根元に全体的にシャンプーを
つけたらしっかり泡立てて洗いましょう。

指の腹で頭皮を洗っていきます。
髪の毛はシャンプーをつけて洗う
必要はとくにありません。

最初の洗い流しでほとんどの汚れは
落ちてしまっているからです。

DF140_L

ワックスやヘアスプレーを使っている
場合は2回洗った方がいいでしょう。

このときマッサージしながら洗うと
効果的。髪の生えぎわから頭の
てっぺんに向かっていきましょう。

5.すすぎ

洗った時間の3倍の時間をかけて
しっかりと根本まで洗い流します。

髪が細くなったとかかゆみが出たりの
原因です。しっかりすすぎ落としましょう。

nuk1

6.リンス、トリートメント

頭皮にはつけないようにすることが
大事です。リンスなどには油分が

含まれているのでせっかく落とした油が
毛穴に入り込むのを防ぎましょう。

商品によっては頭皮までつけるものも
あるので説明書きは読みましょう。

7.乾かす

しっかりとタオルでポンポンと水分を吸い
取ってからドライヤーで乾かしましょう。

このタオルドライが非常に大事です。
なるべく水分をとっておくことで
ドライヤーの時間が短くなり、

傷みが減ります。濡れた状態で寝ると
枕や髪の毛どうしがこすれるので
キューティクルがはがれ痛みになります。

水分が残っていると新しく分泌された
皮脂に菌が繁殖しやすい状態になります。

o0360048012277318202

かゆみなどの原因となり健康な頭皮とは
いえない状態になりやすいんです。

こうして綺麗な頭皮に自然と分泌される
皮脂によって保護され綺麗な強い髪の毛が
育ちやすくなります。

しかし、枕は綺麗ですか?せっかく清潔な
状態にしても枕が汚いと効果が半減です。

せめて1週間に1度は枕かバーを交換して
ください。けっこう汚れていますよ。

81849

朝にシャンプーは薄毛の原因になる?

結論から言うと薄毛や抜け毛の原因に
なります。その理由の1つは貯まった
皮脂にあります。

夜の22時から深夜2時に髪の毛が
育ちますがそのときに毛穴が詰まって
いる状態
になります。

もう一つはシャンプー後には頭皮には
まだ皮脂が分泌されてない状態になります。
シャンプー後にしばらくすると自然と皮脂が

分泌されますが、すぐ出かけると外出する
とき紫外線から頭皮を守るものがない状態

bath

30分から1時間前にはシャンプーを
終わらせておくなら大丈夫かもしれません。

それと朝晩にシャンプーしてしまうと
必要以上に皮脂を取り除いてしまうことにも。

皮脂の分泌が多い人以外は1日に
1度のシャンプー
にしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す