パソコンで眼精疲労だけではない!薄毛の原因に!?

パソコンを使いすぎると薄毛の原因に
なることは知っていますか?

パソコンは眼精疲労にもつながりますが、
薄毛との関係はどうなのでしょうか。

パソコンを使うとなぜ薄毛、抜け毛が
進行するのかまとめてみました。

スポンサードリンク





パソコンで抜け毛が進む!薄毛の原因に!

1.眼が疲れる

いわゆる眼精疲労と言われるもので、
長時間にわたってパソコン、テレビ、

携帯などを見続けると網膜に負担
かかります。

そのケアをするためにアミノ酸である
システインやビタミン群が利用
されて
います。このシステインとビタミンは

髪の毛を作るために必要な栄養の
ひとつなんです。

103

髪の毛よりも眼の方が大事なため
眼が疲れると髪の毛に使われる
システインは減らされてしまうのです。

眼の筋肉が固まりこってしまうことも
問題となってしまいます。

2.肩、首、眼のコリ

同じ姿勢で、同じ場所を見続けることで
筋肉がコリ固まって
しまいます。

このコリは慢性化してしまい、血行不良を
引き起こします。もちろんこのコリは

頭皮にも影響して、頭皮もコってしまい
ます。血行が悪い状態は髪の毛に栄養を
渡す量が減ってしまうのです。

ganseihirou

肩こりが起こす薄毛についてはこちら↓↓
肩こりでも薄毛の原因に>>

3.光による自律神経の乱れ

仕事中だけでなく、家に帰ってからも
パソコンを触っていませんか?

パソコンの画面から出る光は眼から脳に
信号を送って、交感神経を刺激
します。

IMGP2074(2)

交感神経はリラックスできていない状態に
なるので、血管を収縮させてしまいます。
このため血液の流れが悪くなるんです。

それに加えて脳が興奮状態になるため、
寝付きが悪くなったり、眠りが浅く

なってしまいます。

睡眠と薄毛には関係があります↓↓
眠れば毛が生えてくる!!

パソコンをよく使う方は眼精疲労の予防や
寝る前にはあまり使わないなどしっかりと
対策して薄毛、抜け毛の改善にしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す